カンジダ属、クリプトコッカス属による感染症の種類

真菌が病原体となる感染症はわかっているだけでも多くの種類があります。

これらの真菌症は表在性真菌症と深在性真菌症に大きく分けられます。

表在性とは白癬(水虫)のように体の表面に菌が局在しているもので、深在性とは体内に真菌が入り込んでしまって感染してしまうものを言います。
真菌症の治療には、病原菌の生育を防ぐ抗真菌薬が使用されますが、薬も症状によっていくつかの種類があります。

深在性の真菌症にはカンジダ属やクリプトコッカス属による感染症がありますが、これらの深在性真菌症治療薬としてはフリコナゾールを主成分とした薬が代表的です。
フリコナゾールは、真菌を死滅させるのと同時に、真菌に対する抵抗を強める効果もあります。
フリコナゾールを主成分とした治療薬は、いくつかの日本の製薬会社でも製造されています。
カプセルタイプと注射液タイプがあり、ジェネリック医薬品も販売されています。

これらの治療薬は医師の処方が必要な薬で、保険も適用されますが、薬の飲み合わせや食べ合わせが禁止されているものもあります。
他に薬を服用中の人は必ず医師に服用している薬の種類を伝える必要があります。
また、腎臓に持病がある人なども注意が必要とされています。

エルゴステロール生合成とは

真菌や糸状菌等の細胞膜を構成している主な物質がエルゴステロールになるのですが、これはラノステロールから生成されます。
日常生活においても見ることのできるカビのような菌類でも、このエルゴステロールがラノステロールから生成されています。
エルゴステロール生合成とは、このラノステロールからエルゴステロールが生成される現象を指すものです。
真菌や糸状菌の細胞を取り囲んでいる細胞膜がエルゴステロールによって構成されているということは、エルゴステロール生合成を阻害することによって真菌や糸状菌の細胞膜を変性させることが可能になります。
この性質を利用した殺菌剤が近年になって数多く開発されるようになっています。
カビのような真菌が原因となって引き起こされる病気には水虫やカンジダなどが挙げられます。
これらの原因となっている真菌の細胞膜もエルゴステロールが生成されることによって成り立っているので、エルゴステロール生合成を阻害することができれば、真菌の繁殖を抑えることが可能になるのです。
アゾール系抗真菌薬と呼ばれるものが、このラノステロールからエルゴステロールを生成する現象を阻害することを利用して治療に使われています。